読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子パパとしおの育児休業日記

このブログは男性では非常に珍しい長期の育児休業を取得した双子パパの日常を紹介しています。

育休中のパパがベビーマッサージ教室に行ってみた

としおです。

先日、区が主催しているベビーマッサージ教室に行ってきました。

 

事前に奥さんが予約をしてくれました。

「双子なので旦那も連れて行ってもいいですか?」と聞いてくれて

「大丈夫です」とのことだったので

パパでも参加できる教室のようです。

とはいえ、たぶん男性の参加はかなりレアケースなのでしょう。

若干緊張しながら現地に向かいました。

 

開催地は豊島区の東部子ども家庭支援センターです。

http://www.city.toshima.lg.jp/265/kosodate/kosodate/shiencenter/001746/annai/006556.html

大塚駅からベビーカー押して20分くらいのところです。

我々は大塚駅から歩いて向かいましたが、

バスなども利用できるみたいです。

 

最寄りのバス停は都営バスの「上池袋一丁目」です。

また、無料のフットワークバスなども利用可能とのこと。

フットワークバス利用案内(子ども家庭支援センター)|豊島区公式ホームページ

 

 

その日はすごく暑かったのでついた時には汗だくでした。

赤ちゃんも暑くて辛いだろうから

夏に行くときはバス使った方がいいかもしれません。

 

施設は住宅地のど真ん中。

入口に双子ベビーカーで向かうと施設の方が出てきてくれてました。

施設のおばちゃんはとてもいいかんじで率先して双子を抱っこしてくれるなど、さすがに赤ちゃんの扱いに慣れていました。

 

受付を終え、ベビーマッサージの部屋に案内されます。

普段は10組以上が参加する人気の教室とのことですが、

たまたま今回の参加は5名(2名はうちの双子)とこじんまりとした教室でした。

あまりに参加人数が多いとアウェー感があるので安心しました。

 

ちなみに

わたくしは職場は女性の比率が半分くらいなので女性の中に男性1名というシチュエーションには耐性があるほうです。

それでもパパの参加はレアなのかやはりアウェー感を感じました。

他の参加ママの視線を感じつつ入室し、

今回も持ち物の一つであるバスタオルを広げ、赤ちゃんを寝かせます。

 

 

 

 

今日の私の担当は妹モモちゃん。

最近寝返りを覚え、常に落ち着かず動いています。

 

時間になりベビーマッサージ教室がはじまりました。

まず初めは自己紹介タイムです。

「親と子供の名前」「子どもの生年月日」「ざっくりした住所」「はまっていること」などを紹介。

 

トップバッターはなんと私

自己紹介は苦手です。

何を言おうか考えていなかったけど、なんとか子どもは双子で現在育休していることを話しました。

 

こういう場はけっこう自己紹介あるみたいです。慣れないと。

 

ちなみに最後に自己紹介した赤ちゃんはなんとハーフでした。

我々は「双子は客観的に見てもかわいい」など親ばかを丸出しにしているのですが、

ハーフは別格。

CMの赤ちゃんみたいにかわいかった。

 

そうこうしているうちにベビーマッサージ教室がスタート。

先生がオイルを持ってない方にオイルを販売していました。

ホホバオイルで今回使う量10mlくらいを200円で配布。

ハーフ赤ちゃんママは買ってましたが、

我々は前買ったオイルを持っていたので自前オイルで参加しました。

 

 

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

 

 

まずは赤ちゃんを裸にします。

 

私はこの時妹モモちゃんから発せられる異臭に気がつきました。

 

おむつの端に暗い影。

 

そう、うんちです。

 

私のベビーマッサージはおむつ交換からはじまりました。

 

 

おむつ交換を終え、おむつ一丁の赤ちゃんを寝かせマッサージスタートです。

 

先生「まずはオイルを手になじませ、あっためます。そしておなかをこういうかんじでマッサージします。」

参加者はみなオイルを手にとりスリスリしてマッサージを開始

 

私もやろうとオイルを手に取っていると

 

モモちゃん号泣!!

 

バスタオルの上でもがき苦しんでいます。

どうやら床に寝かせられるがいやなようです。

 

かるく抱っこして落ち着かせてから再度トライするも寝かせると大泣きする始末

床に寝せないでマッサージできるわけもなく、

私のベビーマッサージはうんちのおむつ交換と

床に寝ないモモちゃんをあやしているうちに終了しました。

 

他の赤ちゃんも似たようなモノで、

ハーフの子は先生から買ったホホバオイルが肌に合わずぶつぶつが出てとのことで途中退場(買わなくてよかった)。

もう一人も後半泣いちゃってリタイア。

筋書きのないドラマを感じました。

 

最後までマッサージを受けていたのは我らの双子の姉、タマちゃんだけでした。

タマちゃんは非常に安定してマッサージを受けていました。

さすがの安定感でしたね。

 

 

ベビーマッサージ教室の後は施設の見学。

この東部支援センターは一時保育ができたり、遊ぶ場があったりママたちの憩いの場のようです。

同じくらいの月齢のママたちが遊んでいる部屋など見せてもらいました。

男性である私が入れる雰囲気ではなかったのですが、ママ友同士で行くにはいいところかもしれません。こういう場にパパが当たり前にいるような世の中になるといいのですが・・・

 

今回、ベビーマッサージはあまり学べなかったけど、双子にとっては普段と違うとことに行けたし、姉妹以外の同じ月齢の赤ちゃんを見れたのはいい経験だったと思いました。

タマちゃんはほかの赤ちゃんに結構興味津々だったし、

今回に懲りることなくこういうイベントに参加しようと思います!!