読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子パパとしおの育児休業日記

このブログは男性では非常に珍しい長期の育児休業を取得した双子パパの日常を紹介しています。

ムーニーのCMの感想

すこし熱も冷めてきたと思いますが、

ムーニーのCMが話題だったので

長期の育休取得をしているパパの視点から感想を書こうかなと思います。

 

すでにいろんなメディアで取り上げられていますが

概要はこんな感じです。

ユニ・チャームのおむつブランド「ムーニー」の動画広告の内容に対して、母親が一人きりで子育てに取り組む「ワンオペ育児」を肯定的に扱っているのでは?と批判が集まり、話題になっている。

ユニ・チャーム広報室の担当者はハフポストの取材に「お客様相談センターにも意見をいただいている」としたが、動画について「本来の意図はリアルな日常を描き、応援したいという思いだった」として、取り下げなどは予定していないと回答した。

動画は『ムーニーから、はじめて子育てするママヘ贈る歌。 「moms don’t cry」(song by 植村花菜)』として、2016年12月にYouTube上に投稿された。4月中旬にTwitterでも投稿されたため、今になって話題にのぼったようだ。

約2分のストーリーは、子どもを出産した女性が、オムツ替え、買い物、食事など、時に苦痛の表情を浮かべながら、初めての育児・家事に取り組むというもの。

しかし、子どもが笑顔で指を握り返した様子に励まされた女性は笑顔になり、動画は「その時間がいつか宝物になる」との言葉で結ばれている。

確かに、奮闘する母親を励ますのが本来の意図だったのだろうということは伝わってくる。

■ワンオペ育児を賛美?

しかし、問題の焦点となっているのはこの女性が常に1人で事態に対処しているという「ワンオペ育児」ぶりだ。

この女性が出産した病室には夫らしき男性の姿が一瞬映り込んでいる。しかし、その後、家事・育児のシーンでこの動画に男性の影が登場するのはわずか一回だけ。

しかも、何らかの不調があったのか、夜、赤ちゃんを抱えてタクシーに乗り込む女性を、隣の席で不安そうに見ているという役柄だ。

動画が結末を迎えても、女性は夫などの家族や家事・育児サービスの助けなどを利用することなく、「気の持ちよう」でこの辛い状況を乗り越えようとしている。そして駄目押しのように「その時間がいつか宝物になる」というメッセージも女性に投げかけられる。

病児保育などを手がけるNPO法人フローレンス代表の駒崎さんは「ワンオペ育児賛美にしか見えない」として、批判の声をあげている。

以下のサイトを引用しました。

www.huffingtonpost.jp

 

私はこれを見たときの率直にこう思いました。

「う。痛いところをつくなぁ。たしかにおれは至らないところがたくさんあったなぁ・・・」

と反省しました。

(特に泣いているときにイライラしちゃったりするとあとで自己嫌悪に陥ることがいまだにあります)

 

私ががっつり育児していたのは

生後一か月間の一回目の育休時4月から現在まで長期育休期間内です。

そんな私の心にすら響くこのCMは、

ずーっと育児をしているママたちはより響いたのでしょう。炎上したのもうなずけます。

 

このCMのなにが炎上につながったのでしょう?

 

このCMの最後のメッセージ

「その時間がいつか宝物になる」

この中の「その時間」が見ているママにとってはつらい時間を指していたからではないでしょうか?

あのときワンオペじゃなかったら・・・

そういう思いが今回の炎上につながったのかもしれません。

 

 

 

しかし

これを消さなかったムーニーの判断に私は賛成です。

 

もし私が育休をとることなく生活していた場合、

このCMに共感できるようなつらい時間を体験をしていなかったでしょう。

 

きっと育児にかかわる時間の少ない日本の多くのパパは

このCMに描かれているような育児のつらい時間を自分事としてとらえられていないではないでしょうか。

 

パパにこのCMや、この炎上騒動を見てもらうことでパパの育児参加のきっかけになるのではないでしょうか。

 

今回のCMはママを応援するという目的はあまり果たせなかったかもしれません。

しかし、ワンオペ育児の問題を社会に認知させるという意味では非常に効果的だったと思います。 そういう点でムーニーがこのCMを消さなかったことに私は賛成です。

 

私も育休しているんだからもっとしっかり育児しないとと思いました。

 

 

 

ムーニー テープ S (4~8kg)102枚

ムーニー テープ S (4~8kg)102枚