双子パパとしおの育児休業日記

このブログは男性では非常に珍しい長期の育児休業を取得した双子パパの日常を紹介しています。

双子の運び方 双子ベビーカーの選び方

双子を持つ親にとっての代表的な悩み。

それは双子の運び方です。

 

健診や予防接種、日々の買い物、遠方への帰省など双子を運ぶ機会はたくさんあり、

都度どんな運び方が楽なのか、双子の親は頭を悩ませています。

 

我が家でも出産前からこの問題について議論してきました

「双子 ベビーカー おすすめ」でGoogle先生にたずねたり、

店舗に行って実物を見たり、

双子の先輩ママの意見を聞いたり・・・

 

事前の調査と、ここ4か月の双子育児経験から導き出した我々の結論は・・!?

※我が家は車なし、都内近郊を電車で移動することが基本スタイルです。

 

 

双子の運搬方法は以下の3つを使い分けるべし!

 

 

その1 一人抱っこ紐 + 一人をベビーカー

【メリット】

混雑時や狭い道も気にせず進むことができる

【デメリット】

ベビーカーなのでエレベータ必須

常に一人を抱っこしないといけないので行動に制限あり

【主なシーン】 

一人で混雑する時間帯やせまい場所に移動するとき

初めて行く場所に移動するとき

 f:id:sainao1114:20170416004553j:plain

双子の先輩ママに聞いたところ意外にも抱っこ紐と 一人用のベビーカーのハイブリットが便利ということでした!

このスタイルは機動力が高いので狭いところ、混雑時も対応可能ですので初めて行く場所に双子を運ぶ際には安心できる布陣です!

 

ちなみに我が家の一人用ベビーカーはhugmeⅠのピンクを使っています。

折りたたむと結構小さくなります、タクシーの運転手が驚いてました。

また、クッションの質がとてもよく、赤ちゃんぐずることなくずっと寝ています。

タイヤもいい感じで段差なども苦になりません。

サイズですが、横幅は気になりませんが、少し縦長です。

電車に乗る時は端っこの車両がおすすめです。

 

www.hugme.co.jp

 

我々がhugmeを選んだ最大の理由は

ふるさと納税で入手可能!

という点です。

 

愛知県犬山市に50000円の寄付でもらうことができます!

我が家はおじいちゃんにお願いしてふるさと納税でGETしました!

www.furusato-tax.jp

 

 

 

その2 双子ベビーカー

【メリット】

行動の制限なく一人で双子を運べる

道行く人からの注目大!かわいいと声かけられること多数

【デメリット】

ベビーカーなのでエレベータ必須

幅が大きいので狭い道や混雑した車内はNG

【主なシーン】

長時間の外出時

目的地までの道が広いときや混雑しない時間帯に移動するとき

 

f:id:sainao1114:20170416004652j:plain

 

その2は双子パパママの王道双子ベビーカーです!

抱っこしていないので自由に動けることが本当にうれしい!

大きいデメリットはご想像通り狭いところと人混みが苦手なところ。

 

双子ベビーカーの隠れたメリット?は注目度の高さ。

かなりの確率で声をかけられます。

「双子?かわいい!」と声をかけられるとかなりうれしいです。

かわいい双子を見せびらかしたい方にはおすすめです 笑

 

我が家の1台目は会社の双子ママにいただいた双子ベビーカー「Instep」です。

我々にくれた先輩も別の双子ママの先輩から頂いたという伝統あるベビーカーでした。

 

twins-babycar.biz

 

タダで双子ベビーカーをもらえてほんとにありがたかったのですが、

残念なことにいただいた直後に大きな問題が発覚。

 

ベビーカーの横幅がマンションのエレベータに入らない・・・泣

 

それでもせっかくもらったので一度使ってみましたが、

前輪が固定されてるため、うまく曲がれず不便。結局別の双子ベビーカーを買うことにしました。

 

 

我々が買った2代目は「AIRBUGGY COCO DOUBLE」です!

www.airbuggy.com

なんといってもエレベーターに乗るくらい横幅がスリムです。

これまで改札やエレベータで横幅が広くて通れなくて困ったことはありません。

またタイヤが優れていて方向転換が非常に楽!

段差も全く 気になりません。

 

ただ、クッションはそれほど良くないのか、双子はけっこうぐずります。

なので別売のクッションを注文。

エアバギー AirBuggy ストローラーマット クッキー/シトロン

エアバギー AirBuggy ストローラーマット クッキー/シトロン

 

 

また、フードが浅めなので双子に日差しが直接当たってしまいます。

なので別売のサンシェードを注文。

 

 

エアバギー Air Buggy ココ セーフティサンシェード ダブル用

エアバギー Air Buggy ココ セーフティサンシェード ダブル用

 

 

 本体が高額なのとアクセサリ購入で、費用はかかりましたが、幅は狭いし小回りが効くので満足してます。

やっぱり二人を同時に置くことができるってのは思ってるより楽でした。今後も活躍するでしょう。 

 

 

③二人とも抱っこ紐

【メリット】

機動力が高い。普通の人と一緒。

混雑時や狭い道も問題なし。

【デメリット】 

1人につき1人しか抱っこできない。

抱っこしてるのでトイレなどの行動が制限される。

【主なシーン】 

急いでどこかに行かないといけない時

人手に余裕があるとき

混雑する時間帯に移動するとき

 

 

 私はせっかちなので二人で抱っこ紐っていう体制が結構好きです。

機動力重視の方にはオススメです。

人手が多い時とかは抱っこ紐で移動して、トイレの時に抱っこを変わってもらうなどすると便利です。

 

 

 

 

以上が我々の双子の運び方です。ご参考になれば幸いです。