読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子パパとしおの育児休業日記

このブログは男性では非常に珍しい長期の育児休業を取得した双子パパの日常を紹介しています。

私が双子をアトピーにしないためにやったこと

としおです。

今日は双子のスキンケアの話を書きます。

f:id:sainao1114:20170526003701j:plain

 

 

5月は双子の皮膚トラブルと闘っていました。

ここにきてようやくひと段落したのでその経過を記録を残そうと思います。

 以前このブログにも双子のスキンケア方法を書いていました。

sainao1114.hatenablog.com

子供のころアトピーだった我々夫婦。

双子にそんな苦労をかけたくないと思い、ずっとスキンケアは重視しています。

前の記事にも書きましたが、生後6か月までのスキンケアを頑張るとアトピーの発症率が低くなるらしいです。

ということで気を付けてやっていました。しかし、この記事を書いていたときはここまで苦労すると思いませんでした。なかなか思うようにはいきませんね。

 

5月のはじめ

5月のはじめまでのスキンケア方法は(ちょうど記事を書いていたころ)

「ローション⇒ワセリン」

これをお風呂上がりと朝起きたときの2回、

身体と顔にたっぷり塗っていました。

ガサガサするところには塗る量を増す。

その部位は数日後にはよくなっていたものの、

常にどこかはガサガサしているという状態でした。

我々としてはしっかりやっているつもりだったのですが、今思うと不十分だったと思います。

 

ゴールデンウィーク明け

5月のゴールデンウィークが明けた頃、双子の全身がカサつくようになってまいました。

ゴールデンウィーク後半、わたしは実家の法事で単身帰省。

その間は奥さんのお義母さんがヘルプに来てくれていました。

いつもスキンケア担当は私だったのですが、その時はお義母さんにお願いしていました。どうやらそのとき、ワセリンを充分に使ってなかったみたいで、保湿が不十分だったみたいです。 

そんな中、連休開けてすぐ予防接種があり病院へ行きました。

注射のとき双子の肌を見た先生から

「肌が荒れてるからひどくなるようなら今度受診してください」

と言われてしまいました。

そこまでひどくなっていたのか・・・

 

また、そのときこんなアドバイスも。

「お風呂の時、石鹸で洗うのはお尻と首回りや汗かくところだけで充分。赤ちゃんは皮脂が少ないから他のところを石鹸使うと乾燥しちゃいますよ」

 今まで、なんの疑問も持たずに全身を石鹸で洗っていたので驚きました。

お風呂の入れ方習ったときは全身石鹸使ってたのに。。

とにかく、言われたその日から石鹸の使い方を変えました。

 

小児科受診

先生の言いつけを守って、石鹸やめたのですが劇的には回復しませんでした。

それどころか、痒くて掻きむしってしまうようで、モモちゃんの肩にカサブタが出来てしまいました

これはやはり一度見てもらった方がいいね、と話し合い改めて病院へ。

 

先生からは

「全身乾燥しているので、薬を出します。まずは保湿を頑張って様子を見ましょう。

一部の掻きむしってひどいところだけステロイドを出すので使ってください。1週間後また来てください。」

と言われ、

  • サトウザルベ軟膏10%(10g)とプラスチベース(50g)を混ぜたもの (全身の保湿用)
  • ヒルドイドソフト軟膏0.3%(50g)  (全身の保湿用)
  • ロコイド軟膏0.1%(5g) (かきむしってしまっているところ用)

を処方されました。

 

なお、このプラスチベースはここの小児科の先生のこだわりの薬みたいで、取り扱いのある薬局があまりないとのことでした。ググってみるとワセリンよりも固めで保湿力が高いとのこと。実際に塗ってみてもその保湿力は抜群です(ものすごくべたつくので双子はいやがりますが・・・)

ワセリンは塗ってしばらくするとなくなってしまったような感じがしますが、プラスチベースは持ちがよく、塗ってしばらくしても被膜が維持されていて保湿が保たれている感じがしました。

 

 小児科受信後1週間

小児科受診後、処方された薬を一生懸命塗っていました。

とにかくプラスチベースとヒルドイドを顔、身体にたっぷり塗っていました。

しかし、新たな皮膚トラブルが発生します。

それは首と背中の発疹です。

ちょうど気温が高く汗をかくような日が続いたことも関係あるかもしれませんが、

双子の首と背中に赤い1,2mm程度のぶつぶつができはじめました。

これはまずい!なんとかしないと!

そう思ってプラスチベースとヒルドイドを塗るのですが、一向によくなりませんでした。

そこで再度小児科を受診しました。

 

小児科受診2回目

小児科に行く前夜。

奥さんと相談し、試しに患部にロコイドを使ったところ症状が軽くなりました。

先生にそのことを伝えると

「こうなったらステロイドを使って一気に治してしまった方がいいですね。」

やっぱり一気に治してしまって方がいいんだと納得。

「ただ患部が結構広いのでこのまえ出した薬は濃すぎて吸収される薬剤の量が多いです。なのでもっと薄めた薬を体用と顔用出しておきます。」

おお、なるほど。それは気が付かなかった。さすがです。

  • 身体用にはロコイド軟膏0.1%(30g)とヒルドイ軟膏0.3%(30g)を混ぜたもの、
  • 顔用にはロコイド軟膏0.1%(30g)とプラスチベース(30g)を混ぜたもの

を処方されました。

多く塗りすぎるとせっかく配合濃度を下げた意味がないので、塗る時の量も丁寧に教えてくれました。

小指の第一関節位をとり、手のひらで温めて柔らかくしてから塗るという方法教わりました。

 

発疹が収まった場合はこの前処方された

サトウザルベ軟膏10%(10g)とプラスチベース(50g)を混ぜたものを 使用してくださいとのことでした。

 

2回目の小児科受診後

先生に言われたやり方で、2回目に処方されたステロイドを薄めて配合してくれた薬を塗っていると、にっくき赤いぶつぶつはみるみるうちになくなりました

3日後には保湿用のサトウザルベ軟膏10%(10g)とプラスチベース(50g)のみで十分なくらいに回復しました。

これまでの苦労がうそのようです。

 

1週間後、保湿用のプラスチベースがなくなったので再度受診したら、

「かなりよくなりましたね。しっとりとは言えないけどぎりぎり乾燥と言わないくらいまでなりました。」

と言われました。これではまだしっとりではないんですね、先生。

厳しいけど、今後も頑張ります。

 

先生曰く、秋産まれの赤ちゃんはアトピーになりやすいそうです。

ちなみにアトピー持ちだった私と奥さんは双子と同じ秋生まれ。

生後間もない肌が弱い時期に乾燥する冬を迎えるからでしょうか?

とにかく今の時点で乾燥を進行するのを防げたのはよかった。

 

 

今回学んだこと

 

  • 全身を石鹸で洗う必要はない
  • 肌が荒れた始めた早めのタイミングで小児科に行くべし
  • 市販のワセリンより処方されるプラスチベースの方が保湿力ある
  • 悪化したら適切な量のステロイドを使って早く治した方がよい
  • ここの小児科の先生はいい先生だ
  • 秋生まれの赤ちゃんはアトピーになりやすいので気を付けよう

 

ということで我が家のスキンケアの記録でした。自分で判断せず専門家に聞くって大事だなって思いました。双子の将来のためにも。

 

姉たまちゃんが一か月遅れでの寝返り!

としおです。

 

気が付くと5月末になりもうすぐ6月です。

我が双子ももうすぐ生後6か月を迎えます。

 

そんな中少し気にしていたことがありました。

それはお姉ちゃんのタマちゃんが寝返りしないことです。

 

妹のモモちゃんはこれでもかってくらい寝返りするので

双子でも違うもんだなぁ。と思っていました。

 

過去の記事を振り返ると妹のモモちゃんは5ヶ月になる直前に寝返りしていました。

双子の成長記録 妹の寝返り - 双子パパとしおの育児休業日記

 

個人差があるというネットの記事もいくつか読んでいたものの、

寝返りの気配がなかなかないので

遊びながら転がしてみたり、おもちゃを横に置いてみたりして寝返りに慣れさせていました。

 

変化があったのは1週間くらい前です。

いつもタマちゃんは寝ている時仰向けのままほぼ動かないでいるのですが、

ときおり横を向いて寝る姿を見かける様になりました。

また、ミルクを飲むときや遊ぶ時も体をひねらせたり、横を向くようになりました。

 

これは寝返りの兆候か?!と期待して観察すること1週間、

 

ついにそのときが訪れました!

 f:id:sainao1114:20170525003151j:image

f:id:sainao1114:20170525003155j:image

f:id:sainao1114:20170525003159j:image

 

タマちゃんの寝返りです!

 

ひっくり返りそうでなかなか返らずけっこうじらしてくれましたが、最後はきれいに決めてくれました。

モモちゃんの時は気づいたらできてて動画とれませんでしたが、

タマちゃんのときはなんとか動画を撮ることに成功。

 

 

動画をあとで見直して気づきましたが、

ついつい声援が大きくなってました 笑

親が子供の部活に熱中する気持ちがわかった気がしました。

 

 

 

色んな事ができるようになっていく過程を見ることができるってのは

育休の大きなメリットですね。

 

双子ベビーカーの安住の地を求めて 池袋

としおです。

今日は池袋に行ってきました。

 

今日の池袋での目的は二つ。

①家族写真の受け取り

②西武で買い物

です。

 

①家族写真の受け取り

これは一か月前に初めて撮った家族写真が完成したので受け取りに行きました。

家族写真を撮ったきっかけは豊島区の「ゆりかご面接」でもらったマタニティフォト撮影券です。

豊島区の妊婦さんは面接するといろいろもらえるし、いろいろ聞けるのでお勧めです。

ゆりかご・としま事業(妊娠中のかた)|豊島区公式ホームページ

このマタニティフォトを撮った時に、もらったサービス券を利用して初めての家族写真を撮りました。

 

双子あるあるかもしれませんが。双子の家族写真はなかなか苦労しました。

一人の赤ちゃんを笑わせるのも大変なのに、

二人が同時に笑っている瞬間を撮らないといけません。

カメラマンさんもアシスタントのおばちゃんもあの手この手を使いながら撮影を行い、なんとかそれなりに笑っている写真を撮ることができました。

二人が将来結婚するときに使ってもらえるようデータももらうことに。

サービス券使っているのに写真ってこんなに高いんですね・・

(とくにデータもらうとなると高くなるみたい)結局1万オーバーでした。

でも双子と初めての家族写真なので仕上がりを楽しみに待っていました。

そして1か月待ってやっと仕上がったとこのとで、

本日受け取りに池袋に向かいました。

 

今日は日曜日の池袋。非常に人が多い。しかも暑い。

ということで写真館には父ちゃんひとりで行き、

その間双子と奥さんは池袋西武に待機。

 

無事写真を受け取りました。

思っていたよりもいいかんじの仕上がり。

高い金払ってプロに頼んだ甲斐がありました。

 

無事にミッションを終え、奥さんに連絡を取ると

池袋西武のベビー休憩室にいるということ。急いで池袋西武6階のベビー休憩室に向かいました。

・・・

ベビー休憩室に着くと

まず目についたのが数名のパパ+ベビーカーが部屋からあふれ出て入口にたむろしている光景。

あれ?男性入れないところか?

と思いながら中をのぞくとものすごい熱気!

たくさんのベビーカーとママorパパ+ベビーが席を埋め尽くしていて、あちこちで泣き声が!ものすごい活気!

なんか野戦病院みたいだなと思いました。

 

そんななかに鎮座する双子ベビーカー。奥さんを発見。

状況は妹モモちゃんはベビーカーで就寝。姉タマちゃんはお母さんに抱えられてミルクを飲んでいました。

奥さんは非常に疲れた表情。

 

そんな奥さんにいいかんじの仕上がりの写真を見せ、ミルクを飲ませ終えたのでベビー休憩室を退室。

奥さんの武勇伝を聞くと、

私と別れた後、泣いたタマちゃんをケアするためにベビー休憩室に向かった奥さん。

とても混雑しているベビー休憩室。

授乳室は並んでてとても待てない。

ミルクを上げようにも、水で冷ますのにもならば泣いとけない始末。

双子のワンオペだったので、

ベビーカーにモモちゃんを置いた状態でミルクを作りにいかないといけなかったみたいです。

なんとかミルクを作り終え飲ませていたとことに私が来たみたいです。

よそはベビー1人に大人2人なのにうちはベビー2人に大人1人だったということでとても大変だったとのこと。

やはりワンオペは危険ですね。休日の池袋、恐るべし。

 

②西武で買い物

本日の目的の二つ目は買い物。無印で写真を飾る額と、義父の父の日プレゼントを買いに来ました。

しかし、ベビー休憩室で疲れ果てた我々は奥さんの服を一着買って帰りました。

久々に気に入った服を入手した奥さんがご機嫌だったのでよしとしましょう。

 

最後に池袋のスコアです。

①交通の便 ★☆☆ 

人がとにかく多い。

駅が地下なので地上に出るのにも苦労します。

駅の近くのデパート行くならそれほど苦労しませんが、そこから出てどこかいくなら事前に調べた方が無難です。

ちなみに池袋東口に出るには中央1改札を出て右に進み、池袋西武の花屋の近くのエレベータを使います。

平日も休日も駅構内は人がたくさんいるので結構移動しにくいです。 

②赤ちゃん用の休憩スポット ★★☆

池袋西武のベビー休憩室はさすがにデパートなだけあって

授乳室、おむつ交換、休憩所など必要とされる機能は備わっています。

ただ、それが一か所に固まっているので混雑時は戦場のようになってしまいます。

平日ならもっと楽なのかな?混雑してないと快適そうなんだけど・・・

 

③大人が楽しめるスポット ★★☆

池袋には大概のお店はあります。大体の用事を済ませることができると思うのですが、

いかんせん人が多すぎるので一つ減点。

我々夫婦は人込みに弱いので池袋はあまり行かないかな・・・

 

 

ということで池袋行ってきましたが、

個人的には休日行くところじゃなかったなと思います。

行くなら平日!

双子ベビーカーの安住の地を求めて 上野動物園編

としおです。

 

今日は上野動物園に行きました。

昨日、パンダのシンシンが妊娠したというニュースを見て、パンダでも見に行くかと思い立って出発しました。

 

我が家は夫婦ともに育休中なので節約中。

お弁当持参で向かいました。

子ども産まれる前はこういう時は外食が当たり前でしたが、

最近はお弁当もっていくのもいいものだなと感じています。

なによりコストが段違い。今は奥さんの力に頼ってますが弁当作れるスキルを身に着けたいですね。

とりあえず、うまいおにぎりを握れる男にならないと。

 

さて上野に向けて出発です。

いつものように山手線で向かいます。11号車の1番ドアの車いすスペースに乗り込みます。

上野駅で下車。ホームから改札へのエレベータは9号車付近。上った先からは公園改札と入谷改札に出られます。

公園改札からは横断歩道を渡ればすぐに上野恩賜公園です。

 

ちなみに、入谷改札からマルイ等へ向かう時はペデストリアンデッキをエレベータで何回か降りながら移動しないといけないので若干面倒です。上野駅は公園に出るのは便利ですが、他のところは少し生きにくいかも。

 

上野恩賜公園は平日にも関わらずなかなかの込み具合でした。

あちこちに制服姿の中学生が。

修学旅行生です。

 

20年近く前のことを思い出します。としおの中学校の修学旅行は東京でした。

我が地元秋田では修学旅行のときにCMが流れます。

「○○中学校修学旅行団は現在東京ドームにて巨人戦を観戦しています」みたいなCMです。

ケンミンショーとかでも出てかもしれませんが、秋田特有の文化です。

奥さんとそんなことを話し、大道芸人の巧みな技を横目に上野動物園に到着。

 

f:id:sainao1114:20170520005416j:image

 

上野動物では年パスを購入しました。

大人一人2400円です。

通常料金が600円なので4回来れば元が取れる計算です。

 

我々、これまで何回か上野駅周辺には来ています。

そこで気が付いたのは上野駅周辺で赤ちゃん用の休憩所がある場所は何かしらの施設の中。入場料払っていないと使えないところが結構あるということです。

上野恩賜公園内でおむつ替えできるところを確保したいと思っていたので、思い切って年パスを買うことにしました。

 

上野動物園の年パスには写真を貼らないといけないのですが、出口で無料サービスでやってくれるとのこと。すばらしい。帰りにお願いしたのですが、けっこうママっぽい人が年パス買ってました。みんな考えることは一緒のようです。

 

上野動物園内に入った時間がちょうどお昼だったのでベンチでお弁当を食べました。席もたくさんあるので探すのには困らなそう。

たまたま隣のテーブルにいた子供たちも双子(二卵性の男女の双子)でした。

5歳児二人がパパとだるまさん転んだしてました。5歳児双子のパパ曰く、「男子は大変、女の子でよかったですね」とのこと。そうならいいのですが。

 

その後メインイベントのパンダを見に行きました。

昨日妊娠とかニュースがあったのに意外にも空いていてすぐ見ることができました。

妊娠中のパンダは食欲が減っているとのことでしたが、ふつうに笹食べてました。

 f:id:sainao1114:20170520005435p:image

 妊婦とのうわさのシンシン

 

その後サル山を眺めて、

おむつ替えに授乳室によってから帰宅しました。

サルの檻の横を通った時、

双子をみて「サルよりかわいい!」という声を耳にし、

うれしかったです。

私はこういう誉め言葉は聞き逃しません。

双子は動物園内でも見世物効果抜群ということを確認しました。

 

動物園の獣くさい感じが免疫にいいとかいう話もあるのでこれから頻繁に通いたいです。年パス買ったしね。

 

最後に上野のスコアです。

①交通の便 ★★☆ 

公園内はかなり広いので双子ベビーカーでも楽勝。あまりベビーカーってことを気にせず動くことができました。

上野恩賜公園ではなアメ横とかいくと交通の便が悪くかも。そっち方面行ったらまた記事書きます。 

②赤ちゃん用の休憩スポット ★★★

上野動物園は子供連れが非常に多いこともあり、立派な授乳室がありました。男性は入れず外で待っていましたが、なかなかいいかんじの施設だったみたい。ミルクのお湯もくれるとのこと。

上野動物園に行くのであれば休憩スポットへの不安はないですね。

③大人が楽しめるスポット ★★★

動物園は大人も楽しめるので★は3つ!ベンチでお弁当食べれるし、くつろげるのでかなりおすすめスポットです。年パス買ったのでこれから頻繁に通うと思います。

 

ということで

パンダの妊娠で話題の上野動物園に行ってきました。

子供連れにやさしい施設で年パスも入手したのでかなり通うことになりそうです。動物好きな子供に育ってくれるとうれしいですね。とりあえず次はパンダの赤ちゃん産まれたら見に行こうかな。

 

双子ベビーカーの安住の地を求めて 六義園&フレーベル館

としおです。

相変わらず双子ベビーカーの安住の地探しは継続中です。

今回は六義園編とフレーベル館編です。

 

 

六義園とはJR駒込駅から徒歩7分のところにある都立庭園です。

もともとは江戸時代の大名庭園で、維新後荒れたままになっていたものを三菱財閥の創業者岩崎弥太郎が購入し整備しました。現在は東京都に寄贈され、一般公開されています。

しだれ桜がとても有名で桜の時期にはライトアップされ非常に多くの人が訪れます。

今回訪れたときはつつじ祭りがやっていました。f:id:sainao1114:20170519005744j:image

 

 

入場料は一般300円でした。イベント時には駅に近いところの入り口(染井門)からも入ることができます。

f:id:sainao1114:20170519004159j:image

正門

 

フレーベル館アンパンマンウォーリーをさがせなどの人気絵本の出版社です。フレーベルこどもプラザという子育て支援施設と直営ショップが併設されています六義園の正門を出てすぐのところにありました。

f:id:sainao1114:20170519004216j:imagef:id:sainao1114:20170519004220j:image 

アンパンマン銅像もあります。

 

フレーベルこどもプラザは「絵本」と「遊び」を同時に体験できる遊び場です。ちょっとのぞいたところ、いろんなおもちゃがあっていい感じでした。

子ども一人につき、利用登録料が1年間300円です。午前と午後の入れ替え制とのこと。

残念ながら1歳~未就学児ということで我が家の双子はまだ対象外でした。

1歳なったら連れていきたいですね! 

f:id:sainao1114:20170519004252j:image

f:id:sainao1114:20170519004259j:image

 

また直営ショップにはアンパンマングッズや絵本がたくさん売っていて

アンパンマン好きのお子さんだったら間違いなく喜びます!

店の奥のアンパンマンの食器を販売しているコーナーには

なんと「転売禁止」という張り紙が。

転売されるほどの人気。

さすがアンパンマンですね。

 

では前回と同じように今回の散策コースを3つの視点で判定していきます。

①交通の便 ★★☆ 

すこし遠回りするけど双子ベビーカーでも散策可能です。

六義園のHPに車いすのルートがありましたが、双子ベビーカーもこのとおり進むことができました。

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/pdf/Rikugien_wheelchair.pdf

フレーベル館の直営ショップは入口にベビーカーを置いていくので双子を連れていると一人だと大変です。

 

②赤ちゃん用の休憩スポット ★★☆

我々は利用しませんでしたが、六義園では車いす対応トイレがあるのでそこでおむつ交換はできるみたいです。

フレーベルこどもプラザの中にはあるのですが、施設利用者じゃないといけないかも。

このほかの休憩スポットはJR駒込駅の近くにある駒込図書館です。

最近新しくなったのできれいだし授乳スペースもありますのでいいかんじ。さすが公共の施設ですね。

③大人が楽しめるスポット ★★☆

庭好きの方には六義園はおすすめです!

庭の中からは建物があまり見えず、ここは本当に都内なのかと思えるくらいに自然を満喫できます。

六義園の近辺に食事できそうなところは見つけられず、我々は中のベンチで買ってたマックを食べました。

また、年齢層が高めということもあって双子への反応が非常にいいです。

 集団に双子ベビーカーで向かって行くと歓声があがりました 笑

 

ということで六義園フレーベル館編でした。

これからも都内散策の記録、続けていきます。

 

育休中のパパがベビーマッサージ教室に行ってみた

としおです。

先日、区が主催しているベビーマッサージ教室に行ってきました。

 

事前に奥さんが予約をしてくれました。

「双子なので旦那も連れて行ってもいいですか?」と聞いてくれて

「大丈夫です」とのことだったので

パパでも参加できる教室のようです。

とはいえ、たぶん男性の参加はかなりレアケースなのでしょう。

若干緊張しながら現地に向かいました。

 

開催地は豊島区の東部子ども家庭支援センターです。

http://www.city.toshima.lg.jp/265/kosodate/kosodate/shiencenter/001746/annai/006556.html

大塚駅からベビーカー押して20分くらいのところです。

我々は大塚駅から歩いて向かいましたが、

バスなども利用できるみたいです。

 

最寄りのバス停は都営バスの「上池袋一丁目」です。

また、無料のフットワークバスなども利用可能とのこと。

フットワークバス利用案内(子ども家庭支援センター)|豊島区公式ホームページ

 

 

その日はすごく暑かったのでついた時には汗だくでした。

赤ちゃんも暑くて辛いだろうから

夏に行くときはバス使った方がいいかもしれません。

 

施設は住宅地のど真ん中。

入口に双子ベビーカーで向かうと施設の方が出てきてくれてました。

施設のおばちゃんはとてもいいかんじで率先して双子を抱っこしてくれるなど、さすがに赤ちゃんの扱いに慣れていました。

 

受付を終え、ベビーマッサージの部屋に案内されます。

普段は10組以上が参加する人気の教室とのことですが、

たまたま今回の参加は5名(2名はうちの双子)とこじんまりとした教室でした。

あまりに参加人数が多いとアウェー感があるので安心しました。

 

ちなみに

わたくしは職場は女性の比率が半分くらいなので女性の中に男性1名というシチュエーションには耐性があるほうです。

それでもパパの参加はレアなのかやはりアウェー感を感じました。

他の参加ママの視線を感じつつ入室し、

今回も持ち物の一つであるバスタオルを広げ、赤ちゃんを寝かせます。

 

 

 

 

今日の私の担当は妹モモちゃん。

最近寝返りを覚え、常に落ち着かず動いています。

 

時間になりベビーマッサージ教室がはじまりました。

まず初めは自己紹介タイムです。

「親と子供の名前」「子どもの生年月日」「ざっくりした住所」「はまっていること」などを紹介。

 

トップバッターはなんと私

自己紹介は苦手です。

何を言おうか考えていなかったけど、なんとか子どもは双子で現在育休していることを話しました。

 

こういう場はけっこう自己紹介あるみたいです。慣れないと。

 

ちなみに最後に自己紹介した赤ちゃんはなんとハーフでした。

我々は「双子は客観的に見てもかわいい」など親ばかを丸出しにしているのですが、

ハーフは別格。

CMの赤ちゃんみたいにかわいかった。

 

そうこうしているうちにベビーマッサージ教室がスタート。

先生がオイルを持ってない方にオイルを販売していました。

ホホバオイルで今回使う量10mlくらいを200円で配布。

ハーフ赤ちゃんママは買ってましたが、

我々は前買ったオイルを持っていたので自前オイルで参加しました。

 

 

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

 

 

まずは赤ちゃんを裸にします。

 

私はこの時妹モモちゃんから発せられる異臭に気がつきました。

 

おむつの端に暗い影。

 

そう、うんちです。

 

私のベビーマッサージはおむつ交換からはじまりました。

 

 

おむつ交換を終え、おむつ一丁の赤ちゃんを寝かせマッサージスタートです。

 

先生「まずはオイルを手になじませ、あっためます。そしておなかをこういうかんじでマッサージします。」

参加者はみなオイルを手にとりスリスリしてマッサージを開始

 

私もやろうとオイルを手に取っていると

 

モモちゃん号泣!!

 

バスタオルの上でもがき苦しんでいます。

どうやら床に寝かせられるがいやなようです。

 

かるく抱っこして落ち着かせてから再度トライするも寝かせると大泣きする始末

床に寝せないでマッサージできるわけもなく、

私のベビーマッサージはうんちのおむつ交換と

床に寝ないモモちゃんをあやしているうちに終了しました。

 

他の赤ちゃんも似たようなモノで、

ハーフの子は先生から買ったホホバオイルが肌に合わずぶつぶつが出てとのことで途中退場(買わなくてよかった)。

もう一人も後半泣いちゃってリタイア。

筋書きのないドラマを感じました。

 

最後までマッサージを受けていたのは我らの双子の姉、タマちゃんだけでした。

タマちゃんは非常に安定してマッサージを受けていました。

さすがの安定感でしたね。

 

 

ベビーマッサージ教室の後は施設の見学。

この東部支援センターは一時保育ができたり、遊ぶ場があったりママたちの憩いの場のようです。

同じくらいの月齢のママたちが遊んでいる部屋など見せてもらいました。

男性である私が入れる雰囲気ではなかったのですが、ママ友同士で行くにはいいところかもしれません。こういう場にパパが当たり前にいるような世の中になるといいのですが・・・

 

今回、ベビーマッサージはあまり学べなかったけど、双子にとっては普段と違うとことに行けたし、姉妹以外の同じ月齢の赤ちゃんを見れたのはいい経験だったと思いました。

タマちゃんはほかの赤ちゃんに結構興味津々だったし、

今回に懲りることなくこういうイベントに参加しようと思います!!  

双子ベビーカーの安住の地を求めて 銀座編

としおです。

生後5か月の双子を連れての移動はとても大変!

それでもずっと家にいるとストレス!

そんな我々夫婦(どちらかというと私)は

双子ベビーカーで行ける安住の地を探しています。

 

ということで、これまで訪れた場所についてブログで紹介します!

 ところで双子ベビーカーにとっての安住の地の条件とはどんなものでしょうか?

この記事では次の3つの視点で判定します。

 

①交通の便

双子ベビーカーでは移動にかなりの制約があります。

電車での移動時のスムーズさ、歩道のとおりやすさなどは重要な視点です。

ちなみに我が家は車もってないので電車移動が中心です。双子ベビーカーはAirBuggyを使っています。

参考↓

sainao1114.hatenablog.com

 

②赤ちゃん用の休憩スポット

家ではいつでも対応できていた授乳やおむつ交換、

外だとなかなかできません。

行く先でおむつ交換や授乳ができるスペースがないと詰んでしまいますので

必須の項目です。

 

③大人が楽しめるスポット

出かけても大人が楽しめないとストレス発散できません! 笑 

カフェがあったり、本屋、雑貨屋、服など買い物ができる場所に行きたい!

 

ということでこの3つの視点で判定していきます。

 

 

1回目の今日は銀座編です。

銀差は育休に入ってから最も行っている街です。

結婚式挙げたのも銀座だし、双子が生まれる前もよく買い物に行っていた街です。

 

 

銀座の評価は・・・

①交通の便 ★★☆

②赤ちゃん用の休憩スポット ★★★

③大人が楽しめるスポット ★★★

銀座はかなり高ポイント!

我々の中で現時点でもっとも双子ベビーカーで訪れやすい街です!

 

 

 

では詳しく見ていきます。

 

①交通の便 ★★☆

JR有楽町駅のホームは真ん中の中央口の改札に通じるエレベータがあります。

幅の広い改札があるのでそこから出ます。www.jreast.co.jp

 

 出ると目の前はマルイなどがある広場。

平日の昼間にここを訪れるとベビーカーを押しているママがたくさんいます。

このことからも銀座がベビーカーにやさしい街ということがわかります。

 有楽町から銀座への道は幅が広く、通りやすいです。

土日は歩行者天国があるのでかなり広々していますし、

平日も中国人が多いものの、それほど苦労せず移動できます。

 

 

②赤ちゃん用の休憩スポット ★★★

なんといっても銀座の一番の強みはデパートの存在です

困ったときはデパートに行けばなんとかなります。

赤ちゃん用のおむつ替えのスペースや授乳スペースがもれなくあるので非常に快適に過ごすことができます。

 

我々がよく行くのは

銀座三越の9Fです。授乳室、おむつ交換室に加えて親子休憩室もあります。

銀座テラス | 銀座三越 | 三越 店舗情報

 

また、最近話題の銀座シックスのベビー休憩室も広く、きれいで快適でした。

さすがに新しい建物は整っているなという感じでした。

サービス | GINZA SIX | ギンザ シックス

 

③大人が楽しめるスポット ★★★

買い物できる場所がたくさんあることは言わずもがなですが、

我々がよく行くのは

これまた銀座三越9Fの みのる食堂 です。

kodomo.hitosara.com

なんと!双子ベビーカーのまま席まで行くことができます!

同じフロアにはおむつ交換室、授乳室などもあるのでとっても便利。

休日には行列ができていました。

予約はできないそうなので11時の開店直後を狙うのがおススメです。

 

というか我々がこれまで双子ベビーカーででかけて外で食事ができたのはこの店だけです。なので★三つです!

(他の店も探しているのですが・・・なかなか入れるところが見つからない)

 

 

 

 

ということで

双子ベビーカーで行ける安住の地探索 銀座編でした。

まだまだ双子ベビーカー初心者の我々ですが、

他にもいくつか行っているので、また記事にしていきます。

 

皆さんもおすすめの場所を教えてください!

特にベビーカーで入れるカフェ、ごはん食べられることろ、探してます!!